特定医療法人財団 博愛会 > 博愛会病院 > 病院について > 回復期リハビリ病棟

博愛会へお電話でのお問い合わせ TEL:092-741-2626

有料老人ホーム フィランソレイユ笹丘

病院について

回復期リハビリ病棟

回復期リハビリテーション(以下リハビリ)病棟とは、脳血管障
害、大腿骨骨折等の患者さんや手術後あるいは肺炎後の廃
用性症候群の患者 さん等(別資料参照)を対象とした、リハビ
リを重点的に行う病棟のことで、寝たきりの防止・日常生活動
作(ADL)の向上・家庭復帰を目標と して2000年4月より新設さ
れました。

当院では2002年10月より回復期リハビリテーション病棟(49床)を開設しております。また2009年3月には、さらにリハビリ機能を充実させるため2病棟体制(95床)へ
リハビリ病床を増床し、リハビリスタッフも大幅に増員しました。
これに伴い、現在理学療法・作業療法・言語療法から成るリハビリを1年365日実施し、患者様さまの
状態に合わせて効率的に訓練を行い、より 良い状態で住み慣れた自宅や地域へ円滑に戻れますよ
うに、スタッフ一同患者さんと一緒に励んでいます。
入院された患者さんの約7割の方たちが、これまでに家庭復帰されています。


当院のリハビリ基準
回復期リハビリテーション病棟入院料1、体制強化加算、リハビリテーション充実加算、 脳血管疾患リハビ リテーション料(Ⅰ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
当回復期リハビリ病棟の人員配置
医師 5名
看護師 44名(うち准看護師4名)
介護スタッフ 21名
理学療法士 28名
作業療法士 24名
言語聴覚士 9名
歯科衛生士 2名
医療相談員 4名
薬剤師 2名
管理栄養士 2名
病棟クラーク 2名
(平成28年1月現在)
回復期リハビリテーション病棟対象疾患・期間
ページのTOPへ

回復期リハビリテーション病棟の特徴

「口から食べること」への取組み

・福岡市歯科医師会と連携し、通常の虫歯や入れ歯の治療に留まらず、食べる機能の向上に
  取り組みます。
・歯科衛生士を各病棟に配置しており、食べるための機能訓練を実施します。

充実したリハビリテーションの提供

・365日体制で充実したリハビリテーションを提供します。
・脳卒中のリハビリテーションとして注目されている促通反復療法(川平法)を取り入れています。

チーム医療の実践

・医師をはじめ各専門職が患者さん毎にチームを作り、退院までの入院生活をサポートします。
・毎月カンファレンスを行い、患者さんごとの治療方針を決定します。

退院後訪問の実施

・退院後生活に困難が予測される患者さんには、スタッフがご自宅を訪問し、お困りな点がないか
  確認します。

ページのTOPへ

回復期リハビリテーション病棟の流れ

当院の回復期リハビリテーション病棟の流れは以下の通りとなっております。
入院から退院まで、患者さんにできるだけ苦痛を与えず早い退院を目指すため、効率的なリハビリプランの作成を心がけ、患者さんのケアに つなげて行きたいと思います。

回復期リハビリテーション病棟の流れ図

ページのTOPへ