先輩メッセージ

このページを印刷

違う部署も経験して

石内 裕子

HIROKO ISHIUCHI

平成18年入職

「ナースの職場」を見てきて思うこと。

今の仕事の最大の魅力は?

病棟看護師から入退院支援センターの在宅調整看護師に異動しました。それは、病棟看護師時代に担当させていただいた患者さんとの出会いがきっかけでした。それまでは、病院の中のことだけしかわからず、患者さんの「生活」についてのイメージが持てませんでした。しかし、その方と関わる中、「生活」について深く考えるようになり、患者さんが自分の気持ちを話せ、自分の帰りたいところに帰るためのお手伝いをしたいと思うようになりました。
私は今、患者さんやご家族に退院後の生活で何が心配なのかを聞き、解決方法を一緒に考え、退院に向けた準備を行っています。病院外の方とお話しする機会も多く、看護師としての視野が広がりました。

自分の考えが反映されやすい職場環境ですか? 

私の所属している入退院支援センターでは、毎日カンファレンスが行われています。退院調整を行なっているスタッフだけでなく、室長を始め、事務・クラークも参加・発表を行っています。担当しているケースの報告だけでなく参加した研修内容の伝達や業務改善等、多岐に渡るものです。発表する側のプレゼンテーション能力だけでなく、司会進行を行うスタッフも各々が活発な意見交換ができるよう進行する力のスキルアップにもつながっています。最初は、自分の考えを伝えることは苦手でしたが、日々のカンファレンスを通じ、自分の考えを相手に伝えることもできるようになってきました。
自分の思いが言い合える、相手の考えを分かり合える職場です。

どこの部署に配属しても、博愛会病院看護師として変わらないものがあるとしたら、それは何ですか?

日々の業務は忙しいものです。しかし、ご家族にとっての患者さんは、たった一人の大切な存在です。患者さんだけでなく、ご家族にとって、後悔を残さないようベストを尽くすことは、看護師にとっての後悔につながらないと思います。何が最善の方法なのか一緒に考える姿勢を持ち続けたいと思います。
私たちは患者さんに病気のことなどを教えるばかりではありません。私たちも患者さんたちから、たくさんのことを教えていただいています。そのことは、どの部署に配属されたとしても決して忘れないようにしたいと思います。

変化を怖がらず、チャレンジしてよかったと思うことは何ですか?

社会人経験を経て看護学校に進学しました。私は、回り道をして看護師となりましたが、看護学校に通う中、不自由なく育ててくれた両親へ改めて感謝の気持ちを強く持つようになりました。また、チーム医療と言われるように患者さんやご家族を中心に様々なスタッフが関わります。自分1人だけでなく、周囲のスタッフと協力してこそ、患者さんやご家族に寄り添ったより良い支援に繋がります。そして、家族の協力があることで、出産後も勤務を続けることができています。
看護師になることを反対されたこともありましたが、私自身の成長へとつながっていることもあり、応援してくれています。看護の道に進み、本当に良かったと思っています。

後輩たちへのメッセージをお願いします。 

看護師になって、たくさんの患者さんやご家族との出会いがありました。また、患者さんたちだけでなく、一緒に働く仲間などの出会いもたくさんありました。この出会いがあったからこそ、今の自分がいるのだと思います。色々な出会いを大切にし、「看護観」は常に磨き続けていくものだという気持ちを忘れずに持ち続けていくことが大切だと思います。

募集要項を見る