看護部について

このページを印刷

看護部長あいさつ

(認定看護管理者)

看護部長 國武真澄

患者さんの視点に立って安全・安心できる環境を提供し、
やさしさと笑顔で一人ひとりの思いを大切にする看護を目指しています。

博愛会病院看護部は「信頼・やさしさ・笑顔で実践する心のふれあい看護」を理念に、患者さんに安全・安心できる環境を提供し、一人ひとりの思いを大切にする看護を目指しています。
 
当院は回復期医療を主体とし、患者さんの病状安定とリハビリテーションによるADLの維持・向上を図り、住み慣れた地域でその人らしい生活が送れるよう、尊厳ある生が全うできるよう、各職種が協働、連携してチーム医療を実践しています。その中で看護師は患者さんの病態や治療経過、退院後の生活、介護力などを総合的に考えケアを行っています。
 
看護部では看護師の現任教育としてクリニカルラダー別院内研修や目標管理を用いたキャリア開発を行っています。2010年より看護師・介護士・セラピストによる多職種合同研修を行い、患者さんを生活者として捉える力を養い、チーム医療の深化を図っています。人材育成を通し患者さんやご家族に寄り添い、思いを支援できる看護を追及していきたいと考えています。
 
また、「博愛会健康宣言」のもと看護部職員がやりがい感をもって、いきいきと働き続けられる職場環境づくりに努めています。職員や患者さんが「うち(この病院)に来てよかった」「うちにおいでよ」と言えるようになりたいと願っています。
 
募集要項を見る