博愛会グループ

リハビリ

リハビリ 特長と体制

このページを印刷

特長と体制

博愛会病院は多数の専門職種を全国平均より多く配置し、手厚いリハビリを提供しています。

回復期リハビリテーション病棟では、亜急性期の病態の患者さんへチーム医療による質の高い医療およびリハビリテーションを実施しています。多職種とともにリハビリプログラムを立案、『その人らしさ』を尊重し、健康管理、基本動作・日常生活動作の訓練、心のケア、家族への対応、家屋調査、退院後訪問などを行います。
また、社会資源の活用、地域との連携により、家庭復帰・社会復帰を支援しています。

私たちが提供するリハビリテーション

  • 365日のリハビリテーション提供体制

発症からできるだけ早く、そして集中的なリハビリテーションを行うことが効果的とされています。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士によるリハビリテーションサービスを365日提供します。

  • 徹底したチームアプローチ

医師・看護師・ケアワーカー・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・薬剤師・管理栄養士・ソーシャルワーカー等、すべてのスタッフが病棟に配属され、一日も早い在宅復帰を目指して強力なチームアプローチを実践いたします。

  • 生活に視点を置いた リハビリテーションの重視

リハビリテーション本来の目的は「生活の再建」にあり、訓練室だけでなく、「生活の場」である病棟における訓練も重要です。ご家庭に復帰されたときの生活をイメージした病棟生活におけるリハビリテーションが効果的です。

リハビリ体制について

理学療法と作業療法はそれぞれの訓練室が境なくつながっており、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)お互いの訓練が見えるようになっています。入院リハビリはPT、OT間で情報共有しながら術後離床、病棟訓練にも共同して関わっており、両者で助け合いながら同時に対応することもあります。このため相互の申し送りもスムーズに行えており、効率のよい安全な治療が可能となっています。
毎週水曜日、PT,OTそれぞれですべての患者の報告会を行っています。両者それぞれで患者の情報共有を行っているため、意思疎通が図りやすく、安全管理上も有利となっています。スタッフ数は多くはありませんが、スタッフ全員が良好な関係を築きながら共同して業務を行っています。いつもスタッフの顔が見える距離で互いに声を掛け合い、助け合っています。

質・量ともに充実したリハビリテーションを提供しています

当院では、福岡市内有数のリハビリスタッフ数で手厚い訓練を提供しています 。また、脳卒中の新しい治療法として注目されている治療法「促通反復療法(川平法)」をリハビリに取り入れています。また、提唱者である川平和美先生から直々に技術指導を受けております。

促通反復療法(川平法)について

ひと昔前までは脳卒中で片麻痺になると,破壊された神経細胞は再生しないから,片麻痺は治療しても回復はしないとの考えが常識でした。近年では、脳科学の進歩により、脳の一部が破壊されても損傷を免れた他の部位が損傷された部位の役割を代行する能力、可塑性があることが明らかになり、新たな麻痺を回復する治療法の開発や研究が活発に行われるようになってきました。
促通反復療法(Repetitive Facilitation Exercise, Repetitive Facilitative Exercise; RFE)は、片麻痺による上下肢および体幹の運動(motor control)や機能(function)の障害を回復させるために開発された新しい運動療法です。開発者の名をとって川平法とも呼ばれていますが、従来の促通法の問題点を抽出し、これらの神経科学を反映させ訓練の量とその内容を改善しこの手法が確立されました。

リハビリ
特長と体制
施設設備
リハビリ内容

外来診療受付について

受付時間
午前 8:30~12:00
午後 13:30~16:30
※12:00以降の受付は、14:00からの診療になります。
休診日
土曜午後、日曜・祝日
※その他:お盆、年末年始

お問い合わせ電話番号

TEL:092-741-3553
  • 採用情報採用情報
  • 看護部看護部