教育・研修

このページを印刷

教育方針・役割

人材育成における看護部の役割

看護部教育方針に基づき、安全で質の高い看護が提供できる看護師を育成しています。看護部全員が個々の目指す看護を実践できるようキャリアに応じた教育研修計画を立てています。また、ポートフォリオを用いた目標管理を導入し、やりたい看護が実践できるよう全体でサポートしています。

看護部の教育指針

 
 
   1. 変革、変動する医療情勢に対応するため、新たな看護の役割に対する意識改革、
     動機づけの機会とする。
 
   2. 看護職個々の成長(能力開発)を支援するという考えの基にプログラムを組み立てる。
 
   3. 専門職業人として、組織の発展や看護水準の維持・向上のために
     自己研鑚を高めるという理念のもとに教育体系を整える。
 
   4. 看護職員に対して、段階別の到達目標を掲示し院内・院外教育共に現任者、
     新卒者、中途採用者とOJT(職場内教育)を統合させながら人材教育を進める
 
   5. 専門職として、自らの責任において、生涯にわたって継続教育に参加する
     倫理的責任をもつものとする。(成人教育の原理に則り実施する)
 
 

 

募集要項を見る