博愛会グループ

診療案内

診療案内 診療科目 糖尿病内科

このページを印刷

糖尿病内科

診療内容

糖尿病は生活習慣病の一つです。生活習慣病の多くは、長い間治療をしなくても、症状が出現しないところがとても怖い病気です。しかし放置しておくとサイレントキラーと呼ばれるように、静かに血管内や細胞をむしばんでいきます。糖尿病の場合は5~10年放置すると、手先がしびれるなどの神経障害、10~15年たつと失明にも陥る可能性がある糖尿病網膜症、15~20年たつと血液透析の危険性がでてきます。その他にも心筋梗塞・脳梗塞・腰痛など多くの併発症が出現します。
症状の出現の仕方や時期には個人差あります。しかし症状が出現した際は、緊急の治療の可能性、悪性腫瘍の合併などが考えられるので早急に受診されて下さい。血縁関係で糖尿病のご家族がいる場合は約25%で、ご自身の羅患の可能性があります。
血糖は健康な方でも食べたり飲んだりすることで上昇し、時間の経過や運動によって低下するものです。近年では健康な方も、血糖の動きに気をつけて、食事や運動をされている方が増えてきています。糖尿病の診断を怖がらずに、今のご自身・ご家族の状態を把握するという意味でも早めの受診や検査をご検討下さい。
受診後は、食事・運動・薬物療法(内服薬・インスリン治療)の3本柱をもとに、その方にあった治療法を選択し治療していきます。

主な症状と病気

初期
  • 無症状、食後の異様な眠気、空腹時のイライラ・過食
高血糖状態持続
  • 口渇・多飲・多尿・体重減少

  • 無治療のまま5~10年経過:手先がしびれるなどの神経障害

  • 無治療のまま10~15年年経過:失明にも陥る可能性がある糖尿病網膜症

  • 無治療のまま15~20年年経過:尿を作る腎機能低下による血液透析

    その他にも心筋梗塞・脳梗塞・腰痛・悪性腫瘍など多くの併発症状が出現。

 
午前 - - - -
午後 - - - - - -
診療案内
外来のご案内(初めて受診される方)
診療科目
外来担当医表
面会・お見舞いについて
検査機器の紹介
入院のご案内

外来診療について

診療時間
平 日
午前   9:00~13:00
午後 14:00~17:30
土 曜
午前   9:00~12:30
受付時間
平 日
午前   8:30~12:00
午後 13:30~16:30

※12:00以降の受付は、
14:00からの診療になります。

土 曜
午前   8:30~12:00
休診日
土曜午後、日曜・祝日
※その他:お盆、年末年始

お問い合わせ電話番号

TEL:092-741-3553
  • 採用情報採用情報
  • 看護部看護部